【おすすめ検版】DTPオペレーター必見!校正モレを防ぎ、意図しない変化も簡単に発見!

デザイン系、DTP関連の仕事をしてるよ
いつも修正箇所をチェックしてるけど
安心できないんですが・・・

お悩みバスターズvioletだ!
修正前と修正後の差分がひと目でわかる
便利なものがあるんだ!
それはデジタル検版だ!
これがあれば安心だ!

検版とは?

制作物の修正前修正後を見比べます。
変更箇所のチェックや、変更のない箇所が変わったりしてないか検査をすることです。
元のデータが古かったり、作業が途中でストップしたりして修正作業を忘れたり。
うっかりミスを防ぐための方法の一つです。

検版(けんぱん)とは、印刷物の製版前に、文字や図版などのレイアウトを確認することを指します。具体的には、印刷物の原稿を校正して、誤字脱字やレイアウトの不備などを修正し、最終的な印刷物のイメージを確定する作業です。

検版は、印刷物における品質を確保するために欠かせない作業であり、印刷会社や出版社などの印刷関連業界で重要な役割を果たしています。検版は、印刷物の仕上がりに大きく影響するため、校正ミスや見落としを避けるために、慎重な作業が必要とされています。

CHATGPTより

紙同士のチェックも時間がかかる

毎回毎回、関係ない箇所を全部をチェックしている時間はありません。
そんなとき便利なのが、デジタル検版。
修正前後の差分が目に見えてわかるので、安心です。
無駄な確認もなくなり効率UP!

「デジタル検版」とは、印刷物の製版作業において、従来のアナログな手法に代わって、コンピューターやデジタル技術を利用した製版作業のことを指します。具体的には、印刷物の原稿をスキャンして電子データ化し、それを元にして製版を行う方法です。

デジタル検版には、従来のアナログな手法に比べて多くの利点があります。例えば、スキャンしたデータを元にして製版を行うため、印刷物の修正や再版が容易になります。また、コンピューター上での修正や調整が可能なため、レイアウトの微調整なども簡単に行えます。さらに、高品質で精密な製版が可能であり、印刷物の品質向上にもつながります。

デジタル検版は、現代の印刷業界において重要な技術の一つとなっており、印刷物の生産性や品質向上に貢献しています。

CHATGPTより

オンラインデジタル検版「でじけん君」

「でじけん君」という、
オンライン上で検版ができるものがあります。
これはパソコンさえあればOK!
面倒なソフトなどのダウンロードも必要なし!
簡単に使えてわかりやすい!
無料のお試しもできます!

まずは試してみることが大事だね!
ミスをなくして信頼UP!
あと、焦らずに落ち着くこと!
パイン飴でも食べて心を落ち着かせよう!

そうだね。
私も「でじけん君」を使っているよ。
もうなくてはならないものになりました。
修正が直ってないとか
間違って違う箇所を直したとか
元データが違うとか・・・
先方にちゃんとチェックして出稿してます
証明にもなるからね!

単純なミスを減らして、いいものを作っていきましょう!

最後まで見ていただき感謝感謝!

DTPとは、Desktop Publishing(デスクトップパブリッシング)の略称で、コンピューターを使って出版物を制作する技術や方法のことを指します。DTPを利用することで、印刷物や電子出版物などのデザイン、編集、製作が容易になり、高品質で美しい出版物を作成することができます。

DTPの歴史は比較的新しいもので、1980年代にデスクトップパブリッシングが始まったことに端を発します。当初は印刷業界に限定されていましたが、その後、一般の企業や個人でも利用されるようになり、広く普及していきました。

DTPの主なツールとしては、Adobe InDesignやQuarkXPressなどのデスクトップパブリッシングソフトウェアが挙げられます。また、DTPに必要なスキルとしては、レイアウトやデザイン、フォントの選択、色の使い方などがあります。DTPは、印刷業界をはじめ、広告業界、出版業界、Webデザインなどでも広く活用されています。

CHATGPTより
タイトルとURLをコピーしました