【ストライダーで公園デビュー】乗れるようになれば自転車も補助輪なしですぐ乗れる!

子供が初めて自転車に乗ろうとしてるけど、どう教えたらいいのぉ?

お悩みバスターズvioletだっ!
すぐ乗れるのアイテムを紹介するっ!
参考にしてみてくれっ!

マジ神!自転車に乗るためにはストライダーだぁ!

子供が簡単に自転車に乗るためには、前もって準備が必要です。
それは、ストライダーという、ペダルのない乗り物に乗ること。
最近では、よく見かけますよね。
もう、これに乗るだけで十分です。

ストライダーでバランス感覚

ストライダーに乗れるようになれば、勝手にバランス感覚が身につき
自転車に移行しても、あっさり乗れるようになります。

ストライダーは要注意!!!

簡単に乗れると言っても、ストライダーになくて自転車にある機能は
しっかり教えないと危険です。

たとえば???

ブレーキ

ストライダーにはブレーキは付いてなく、足で踏ん張って止まってました。
自転車も足で止まることはできますが、スピードがはやくなると
足だけでは難しくなります。

ペダルを漕ぐ

ストライダーにはペダルはなく、足で加速してました。自転車にはペダルがあるのでしっかり踏み込んで加速することが大事です。
このときのバランスが少しむずかしいですが、すぐ慣れます。

停め方

自転車には、スタンド(自転車が倒れないようにする)があるのですが
ストライダーにはないので、ストラーダー勢は、そのまま倒すことしか身についてません。
自転車を大事に長く使うためにも駐車の仕方は大事なことです。

立ち漕ぎの仕方

立ち漕ぎは必須ですよね。ストライダーではできません。
子どもたちは、上り坂がとてもむずかしい。
立ち漕ぎができてれば、坂道も登っていけるでしょう。

あとはカンタン!

初めに、少し手助けしてあげれば、すぐに乗れるようになります。
乗れても、注意点はたくさんあります。
・人やものにぶつからない
・急角度では曲がれない。
・まわりをよく見る
など
事故にならないように、しっかり教えておきましょう!





ストライダーが解決してくれる!凄いね!

しっかり、プロテクターやヘルメットをつけて
怪我をしないように保護してあげよっ!


ここまで、見ていただき感謝感謝っ!

モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました